シマグワ海外販路拡大へ

ハラールのロゴ(左上)が印字された輸出用のシマグワ粉末商品=和泊町

ハラールのロゴ(左上)が印字された輸出用のシマグワ粉末商品=和泊町

 シマグワの生産、加工販売を進めている沖永良部健康食品開発研究会(脇田清一郎代表)はこのほど、海外向けのラベルを作成し、出荷を始めた。取引業者を通じ、イスラム教の戒律に従って製造・加工された商品であることを証する「ハラール認証」を取得。さらなる市場開拓を進める考えだ。シマグワはクワ科の一種で奄美群島に自生。近年、大学の研究などで高い健康効果が報告され、注目されている。同会は2010年に粉末タイプ、13年には粒タイプの商品を売り出した。