チャレンジデー、奄美市と和泊町が参加

早朝のラジオ体操で汗を流す参加者=31日、奄美市名瀬

早朝のラジオ体操で汗を流す参加者=31日、奄美市名瀬

 人口が同規模の自治体が住民の参加率を競うスポーツイベント「チャレンジデー2017」が31日、全国各地で行われた。奄美群島では奄美市(4万3498人)が千葉県いすみ市(3万9189人)と、和泊町(6843人)が北海道の鷹栖町(7123人)と対戦した。梅雨入りしている奄美地方は曇りベースの空模様となったが、両市町の住民は、晴れ間を縫ってラジオ体操やグラウンド・ゴルフ、マスゲーム講習会などで心地よい汗を流した。