トカラ馬を個人飼育/大和村戸円の白石さん

トカラ馬のティンを連れて散歩する白石さん(中央)。住民も温かく見守る=11日、大和村戸円

トカラ馬のティンを連れて散歩する白石さん(中央)。住民も温かく見守る=11日、大和村戸円

 大和村戸円在住の白石聡さん(39)は昨年末、トカラ馬を飼い始めた。鹿児島大学農学部から買い受けた雌の「ティン」(5カ月)がポクポクとひずめの音を立てながら朝晩、集落内を散歩する様子に住民たちは笑顔を向ける。白石さんは「馬の持つ癒やしの力を近隣住民にも感じてもらいながら、しっかり育て上げたい」と話している。