ナイトミュージアムツアー始まる 奄美博物館

高梨修館長(左)の解説に聞き入るツアー参加者=8日、奄美市名瀬長浜町の奄美博物館

高梨修館長(左)の解説に聞き入るツアー参加者=8日、奄美市名瀬長浜町の奄美博物館

 奄美市立奄美博物館のリニューアルオープンを記念したナイトミュージアムツアー(市教育委員会主催)が8日、同館で始まった。同館学芸員が展示について分かりやすく解説。子どもから高齢者まで32人が来場し、熱心に耳を傾けていた。

 

 同館は1987年の開館以来、初めて全3階の大規模リニューアルを行った。今ツアーは、日中仕事などでなかなか来館できない住民のため、開始時間を午後7時に設定。2020年1月まで4カ月間、月2回(第2、第4火曜)ペースで全8回開催する。

 

 この日は高梨修館長が2階の歴史をテーマとしたコーナーを案内。「奄美の歴史は『境界』がキーワード」とし、旧石器~古代並行期(奄美世)から中世(アジ世)、琉球国統治(那覇世)、薩摩藩統治(大和世)と時代が移り変わる中で、常に奄美が支配者から重要視された理由などを、最新の研究情報を交えながら解説した。

 

 佐藤美恵さん(52)=奄美市=は「歴史に興味があり、ツアーを機に初めて来館した。7月から島に住み始めたばかりで地名や方言などが分からないが、楽しめた」と満足した様子だった。

 

 ツアーは約90分間。入場無料。問い合わせは電話0997(54)1210同館へ。