ネットショップ講座始まる

開講したネットショップ作成講座=19日、奄美市名瀬

開講したネットショップ作成講座=19日、奄美市名瀬

 「ネットショップ作成講座」(奄美産業活性化協議会主催)が19日、奄美市名瀬の市ICT人材育成センターで始まった。求職者や創業希望者ら20人が参加。12月4日まで12日間の日程で、インターネット販売の知識と技術を学ぶ。

 

 講座は新規雇用創出を目指す、厚労省の実践型地域雇用創造事業の一環。ネットショップ開店準備から運営まで一連の知識を講義形式で学び、実際にショップ運営に取り組む中で技術を習得する。

 

 初回は講座の概要説明と自己紹介があった。参加者は各自「農作物を島外に売りたい」「育児休業中に技術を身に付けたい」などと抱負を語った。講師の迫田真吾さん(36)は「情報交換や人間関係づくりはネットビジネスでも大事。積極的に交流すべき」と呼び掛けた。

 

 2年前に大阪から奄美大島にIターンし、現在、島の工芸品を活用した製品などを手掛ける大西樹里さん(24)は「販路拡大のため講座に参加した。大島紬など伝統工芸品の魅力を広めたい」と話した。