ハートマーク窓で医療従事者へエール

夜の街に浮かび上がるハートのマーク=2日、奄美市名瀬

夜の街に浮かび上がるハートのマーク=2日、奄美市名瀬

 新型コロナウイルスに負けず、頑張ろう─。奄美市名瀬のホテルニュー奄美(平孝之代表取締役)は2日から、客室の明かりで「ハート」のマークを描き、街にエールを送っている。

 

 ホテル近隣の繁華街・屋仁川通りの各店舗が休業しており、「屋仁川に希望の明かりをともそう」と奄美大島青年会議所のメンバーやホテルのスタッフが提案。隣接する別館の2~8階を使って点灯している。

 

 平代表取締役は「地域の皆さんが、夜の街に浮かぶ希望の明かりを眺めて少しでもほっとすることができたら」と話した。

 

 ハートマークには、一日でも早い終息の願いと医療従事者への感謝の気持ちも込めた。当面、日没から翌朝3時まで点灯するという。