パパイアウイルス病、徳之島で発生

ウイルス病に感染し、葉脈が透過しているパパイアの葉と凹凸がみられる果実(円内)=4日、徳之島町

ウイルス病に感染し、葉脈が透過しているパパイアの葉と凹凸がみられる果実(円内)=4日、徳之島町

 パパイアの産地化を目指している徳之島で昨年11月ごろから、アブラムシによる伝染でパパイアの果実や葉にウイルス性の病気が発生している。現在、病気に対する登録済みの薬剤はなく、行政の農政担当者らは農家に対し、り病樹の除去やアブラムシの飛来防止など、まん延防止策を周知している。