ヒカンザクラが満開 ピンク色の滝のような景色も 龍郷町大勝

山の斜面を染める満開のヒカンザクラ=4日、龍郷町大勝(本社小型無人機で撮影)

山の斜面を染める満開のヒカンザクラ=4日、龍郷町大勝(本社小型無人機で撮影)

 奄美大島でヒカンザクラが満開を迎えた。龍郷町大勝では、集落裏の山の中腹から頂上にかけて約500メートルの桜の一本道が出現。斜面を染め上げ、濃いピンク色の滝のような景色をつくっている。

 

 桜並木は地域の壮年団が植樹し、管理している。大勝から奄美市名瀬を結ぶ本茶峠でも桜並木が見頃となり、多くの家族連れが桜の下で弁当を広げたり、写真に収めるなどして春を満喫している。

 

 4日、家族ら3人で桜を愛でながらお茶を楽しんでいた奄美市名瀬の女性(97)は「あんまりきれいでぼうっとして。外でおやつを食べるのは何とも言えない楽しさ」と笑顔を見せた。