フランス人バイヤーが奄美大島の焼酎蔵元視察

焼酎工場を見学するロブションさん(右から2人目)ら=22日、龍郷町

焼酎工場を見学するロブションさん(右から2人目)ら=22日、龍郷町

 フランス酒類バイヤーの安部・ロブション・龍依さん(28)=東京=が22日、奄美黒糖焼酎の蔵元視察のため奄美大島入りした。2月に東京で開催された日本産酒類海外受注会が縁。現在は日本酒を中心に扱っており、取引が実現すると焼酎そのものが初めてとなる。ロブションさんは「味や香り、濃厚さはフランス人好み」と太鼓判を押し、前向きな姿勢を見せた。