“ブンムケ”で墓地に人出  月遅れ盆入りの徳之島

墓前で手を合わせて先祖の霊を迎える住民=13日、徳之島町

墓前で手を合わせて先祖の霊を迎える住民=13日、徳之島町

  13日は月遅れ盆の入り。徳之島町の墓地では、住民らが墓を清めた後に先祖の霊を自宅へ誘う「ブンムケ(盆迎え)」が行われた。

 

 奄美群島では旧暦に合わせて盆の行事を行う地域が多い中、奄美市名瀬の大熊地区や徳之島では、島外で暮らす出身者らが帰省しやすいように月遅れ盆が定着している。

 

 徳之島町亀津の共同墓地には家族連れなどが朝から次々と訪れ、墓石に花を手向けて線香をともし、先祖を自宅に導いていた。15日は送り盆が行われる。

   (徳之島総局)