マスク5千枚を寄贈 天城町町内在住の「あしながおじさん」

町民から天城町へ寄贈された5千枚超のマスク=27日、同町役場

町民から天城町へ寄贈された5千枚超のマスク=27日、同町役場

 天城町は27日、町内小中高校や医療、介護福祉施設へ5千枚の使い捨てマスクを贈呈した。マスクは24日に町内在住の男性が町へ寄贈したもの。「あしながおじさん」の厚意に、関係者は新型コロナウイルスの感染防止へ気持ちを新たにした。

 

 町総務課によると、24日に男性から寄贈の申し出があり、職員が男性宅で5千枚のマスクを受け取った。男性は職員に対し「子どもたちや医療、介護の現場で働いている人に届けてほしい。私の名前は出さないで」と意向を伝えたという。

 

 27日に町長室で贈呈式があり、森田弘光町長と春利正教育長から、町内の9小中学校へ計2千枚、樟南第二高校へ千枚、町内の医療・介護福祉施設へ計2千枚が贈られた。

 

 マスクを受け取った樟南第二高校の牧園弘光校長は「マスクが手に入らない生徒がいて心配していた。寄贈は大変助かる」、西阿木名小中学校の田川俊一校長は「子どもたちの健康、安全に役立てたい」と感謝を述べた。

 

 森田町長は「町民みんなが力を合わせて困難な局面を乗り越え、笑顔になれるような町にしていきたい。寄贈していただいた町民に感謝申し上げたい」と話した。

 

 21日には同町浅間在住の元千枝子さん(74)から町へ、使い捨てマスク120枚の寄贈もあった。町職員組合と町給食センターでは現在布マスクを製作しており、5月7日以降に町内の介護福祉施設や小中学校へ配布を予定している。