ミカンコミバエ 4回目の航空防除へ

 県は果樹・果菜類の害虫ミカンコミバエのまん延を防ぐため18日から5月8日にかけて奄美大島全域(加計呂麻、請、与路各島を含む)で有人ヘリコプターによる航空防除を行う。空中散布は1月に続いて4回目。雄の成虫を誘殺するテックス板を奄美大島で14万枚、徳之島では5月9日から15日にかけて5万9千枚をまく予定だ。