ミカンコミバエで小売業者ら行政支援訴え

奄美市議に現状を訴える小売業者ら=3日、奄美市の名瀬中央青果

奄美市議に現状を訴える小売業者ら=3日、奄美市の名瀬中央青果

 果実や果菜類の病害虫ミカンコミバエ問題を受けて奄美市議会議員有志は3日、奄美大島の小売業者らでつくる名瀬青果食品協同組合(平井雅人理事長、95人)から意見を聴取した。果実・果菜類の移動規制開始(13日)による島外発送禁止で、組合員らは年間最大の書き入れ時の収入減を余儀なくされる。出席者からは経営危機への不安や行政支援の必要性、早期の情報開示を求める声が相次いだ。市議らは意見を集約後、7日開会の12月定例会会期中に意見書を提出するとしている。