ミカンコミバエ移動制限、奄美大島きょう解除

 害虫ミカンコミバエが奄美大島に再侵入した問題で、果樹・果菜類の島外への移動を禁じてきた移動制限区域が27日に解除されることが確定した。ミカンコミバエの緊急防除での誘殺確認数(19~25日)がゼロだったことに伴って一定の要件を満たしたため。26日、農林水産省が取材に対し、明らかにした。同省植物防疫所の検査を経て、果実などの島外持ち出しが可能となる。