ユーモラスに諸鈍シバヤ

「スクテングヮ」など男衆がユーモラスな芝居を披露した諸鈍シバヤ=2日、瀬戸内町加計呂麻島の諸鈍集落

「スクテングヮ」など男衆がユーモラスな芝居を披露した諸鈍シバヤ=2日、瀬戸内町加計呂麻島の諸鈍集落

 瀬戸内町加計呂麻島の諸鈍集落大屯(おおちょん)神社でで2日、国の重要無形民俗文化財に指定されている「諸鈍シバヤ」があり、紙面(カビディラ)姿の男衆がユーモラスな芝居を披露した。島内外から見物客が多数詰め掛け、800年以上の歴史を持つとされる伝統芸能に見入った。
 同日は旧暦9月9日の「重陽の節句」に当たる。