リーフ内のサンゴ8割白化/奄美市大浜海岸

サンゴの白化現象が確認された大浜海岸のリーフ内=1日、興克樹さん撮影

サンゴの白化現象が確認された大浜海岸のリーフ内=1日、興克樹さん撮影

 奄美市名瀬の大浜海岸で1日までに、サンゴの白化現象が確認された。白化はリーフ内の8割に及ぶ。6割は色の薄い軽度の白化。2割は純白色に重度化し、浜に近いほど白化が進行しているという。奄美海洋生物研究会(興克樹会長)の調査で分かった。10号と12号台風の接近の影響による海水温の低下で今後、白化の軽い群体は回復が見込まれるが、重度化したサンゴは死滅する恐れがあり、同研究会は「推移を注視する必要がある」としている。