与論、2人増え計44人に 感染者、8日連続の確認

 県は29日、与論町で新たに新型コロナウイルス感染者が2人確認されたと発表した。与論町の感染確認者総数は44人に拡大した。与論町内でのクラスター(感染者集団)発生の認識について、県は「可能性は限りなく高い」としつつ「厚生労働省のクラスター対策班の判断を待ちたい」と述べるにとどめた。

 

 県によると、29日に与論町で感染が確認されたのは60代と30代のいずれも男性。60代男性の体温は36・7度でせきなどの症状があり、町内の医療機関に入院した。30代男性は25日に実施したPCR検査では陰性だったが、29日の抗原検査で陽性が判明した。37・4度の熱がある以外は特に症状はなく自宅で待機している。

 

 60代男性は27日に陽性が確認された60代男性の職場関係者で、30代男性は24日に陽性が判明した医療従事者の40代女性の親族。

 

 県はこれまでに15日と18日に町内の飲食店であった会食と与論徳洲会病院内での感染を含めた3件について、クラスターが発生した可能性を指摘している。

 

 与論町での感染確認は22日から8日連続となった。29日までに感染が確認された44人のうち、24人が県本土の医療機関に入院し、10人が県本土のホテルで宿泊療養中。6人が奄美大島の医療機関に入院中で、与論町では1人が病院に入院し、3人が自宅待機している。

 

 県内では29日、ほかに福岡市在住で鹿児島県内に出張中だった20代男性の感染も確認した。29日現在、県全体の感染者総数は232人。52人が医療機関に入院し11人が宿泊療養、8人が自宅待機中。7月1日以降、147人(うち1人死亡)が退院した。