与論のふるさと便、受け付け開始

恒例のふるさと便「あんまぁの贈り物」をPRする与論町生活研究グループ会員

恒例のふるさと便「あんまぁの贈り物」をPRする与論町生活研究グループ会員

 【沖永良部総局】与論町生活研究グループ(福幸子代表、会員42人)は6日、島の特産品や野菜を詰め込んだ冬のふるさと便「あんまぁの贈り物」の注文受け付けを始めた。「全て会員と島の業者が愛情を込めてつくった品」と魅力を話し、贈り物への利用を呼び掛けている。今年はインゲンや手作りみそ、草木染、アンダーギー、塩、黒砂糖など島内産8種を厳選して入れた。料金は1箱3300円(送料込み)。申込締め切りは17日。注文、問い合わせは電話090(1977)9480福さんへ。