与論町で新たに1人確認 新型コロナ

 県と鹿児島市は20日、新たに7人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。このうち1人は与論町の30代男性で、同町での感染者確認は12日以来。県によると、今月発生した同町2例目のクラスター(感染者集団)との関連は確認されていない。

 

 男性は18日から20日にかけて、国立感染症研究所が同町で幅広く実施したPCR検査の結果、19日に陽性が判明した。感染者との濃厚接触は確認されておらず、県外在住者との接触歴があるという。無症状で、町内の医療機関に入院中。

 

 男性のほか、20日は鹿児島市と宮崎県で20代から60代までの男女6人の感染を確認。うち、鹿児島市の20代の男女4人は鹿児島大学のサークルで発生したクラスター(感染者集団)関連で、このクラスター関連の感染者は22人となった。

 

 県全体の感染者数は20日現在、592人。19日現在、25人が医療機関に入院し、23人が宿泊療養となっている。