両陛下、沖永良部島のテッポウユリ 黒糖づくりを見学

農業用ハウスで平さん(左)から説明を受ける天皇、皇后両陛下=18日午前10時22分、知名町赤嶺(代表撮影)

農業用ハウスで平さん(左)から説明を受ける天皇、皇后両陛下=18日午前10時22分、知名町赤嶺(代表撮影)

 【沖永良部総局】天皇、皇后両陛下は18日、沖永良部島でテッポウユリの畑と黒糖づくりを見学された。ともに厳しい自然環境の中で島民の暮らしを支えてきた特産品。両陛下と接した農家や子どもたちは訪問を糧に、「島の宝」を守り続ける思いを新たにした。

 子どもたちが両陛下に披露した「永良部百合の花」の歌詞にはユリと黒糖が登場する。
 「百合作てぃ遊(あし)ば 砂糖作てぃ暮らさやりくぬ 互(たげ)に働らちゅてぃ 吾島(わしま)ヨ~興(うく)さ」(ユリを作って遊ぼう 砂糖を作って暮らそう 互いに働いて 吾が島を興そう)

黒糖づくりに使うサタグルマをご覧になる天皇、皇后両陛下=18日午前11時21分、和泊町国頭の国頭小学校(代表撮影)

黒糖づくりに使うサタグルマをご覧になる天皇、皇后両陛下=18日午前11時21分、和泊町国頭の国頭小学校(代表撮影)