中心商店街の振興を模索/大正大、奄美市で地域実習

学生6人に委嘱状を交付した受け入れ式=20日、奄美市役所

学生6人に委嘱状を交付した受け入れ式=20日、奄美市役所

 産官学連携で地域活性化策を探る学校法人大正大学(本部・東京都豊島区)の「くろしおコンソーシアム」実習活動に伴い、学生6人が19日、奄美大島入りした。6人は10月30日まで、奄美市名瀬の中心商店街を主なフィールドに、地域資源の発掘や観光資源への転用策を模索。集客向上や地域活性化につなげるための調査、研究に取り組む。