丸の内朝大学受講生ら徳之島でフィールドワーク

フィールドワークで徳之島入りした丸の内朝大学の受講生ら=17日、徳之島町

フィールドワークで徳之島入りした丸の内朝大学の受講生ら=17日、徳之島町

  東京都心のオフィス街で出勤前に学びの場を提供する市民大学「丸の内朝大学」の受講生ら11人が17日、フィールドワークのため徳之島入りした。2日間の日程で自然体験や闘牛観戦を楽しみ、徳之島の魅力を満喫する。フィールドワークは奄美群島観光物産協会が丸の内朝大学に開講した「わきゃが恋した徳之島クラス」の一環。講座はフィールドワークを含め全4回。今月2日から都内の教室で講義が始まり、受講生らは地元の専門家から徳之島の自然や闘牛について学んでいる。