久慈集落で旧海軍の貯水施設確認

旧海軍が整備したレンガ造りの取水口(円内)=10日、瀬戸内町久慈

旧海軍が整備したレンガ造りの取水口(円内)=10日、瀬戸内町久慈

 旧日本軍の貯水庫が残る瀬戸内町久慈集落(武田政文区長、60世帯、120人)で10日、新たに取水口とろ過池が確認された。一連の貯水施設は明治期に整備された海軍の軍事施設で、レンガ造りが特徴。戦跡としては奄美大島最古と考えられる。町担当者は「白糖工場跡も残る久慈は当時の中心地だった。再調査して文化財指定を目指したい」と話している。