事故はノーサンキュー

買い物客に交通安全を呼び掛け、チラシを手渡す奄美署員の子どもたち=9日、奄美市名瀬

買い物客に交通安全を呼び掛け、チラシを手渡す奄美署員の子どもたち=9日、奄美市名瀬

 「いつもサンキュー 事故はノーサンキュー」―。「3・9」(サン・キュー)の語呂合わせで奄美署員と家族らは9日、地元住民に対する日頃の感謝と事故防止の願いを込め、交通安全キャンペーンを行った。

 

 同日午後3時9分から、奄美市名瀬の大型商業施設前で実施。署員の子どもたちは来店客に啓発チラシを手渡し、「安全運転お願いします」と呼び掛けた。交通安全協会員ら関係者も加わり、総勢39人で活動を展開した。

 

 キャンペーンは、転勤族である警察官の家族が地元住民への感謝を表す場として企画。夫が同署交通課に勤務する田島立子さん(36)は「事故に遭わないよう、意識して運転してもらいたい」と話した。