五穀豊穣を祈願-徳之島町花徳で豊年祭

五穀豊穣を祈願してみこし連が集落を練り歩いた豊年祭=8日、徳之島町花徳

五穀豊穣を祈願してみこし連が集落を練り歩いた豊年祭=8日、徳之島町花徳

 【徳之島総局】徳之島町花徳集落の豊年祭が8日、同集落であった。新村地区と、前川、上花徳両地区合同の2グループがみこし連を繰り出し、五穀豊穣を祈願して集落内を練り歩いた。  稲作が盛んだった同集落で、1947年ごろに始まった伝統行事。威勢のいい青年団のみこしを先頭に、子どもみこしや飾り付けした花車などが連なり、老若男女総出で盛り上がった。  同集落の男性(64)は「相撲を取ったり、追い込み漁もあった青春時代の思い出が忘れられない。にぎやかだった当時を思うと寂しくなった」と話した。