人命救助で感謝状贈呈 天城町

人命救助で天城町から感謝状を贈呈された沢登さん(中央)と麓さん(左)=22日、天城町役場

人命救助で天城町から感謝状を贈呈された沢登さん(中央)と麓さん(左)=22日、天城町役場

 【徳之島総局】天城町は22日、今月2日に同町西阿木名の山中で骨折の重傷を負った同集落の男性(73)を救助したとして、環境省徳之島自然保護官事務所自然保護官の沢登良馬さん(28)、自然保護官補佐の麓良平さん(26)へ感謝状を贈った。

 

 町によると、2人は2日午後2時半ごろ、希少植物の生育調査のため同地を訪れた際、約20㍍下で動けなくなっている男性を発見。119番通報し、駆け付けた救急隊員と救助した。

 

 男性は山菜採りなどで1日に入山。誤って登山道から滑落して左骨盤を2カ所骨折した。発見時は滑落から約1日が経過していた。現在も徳之島町内の病院で入院しているが、命に別条はないという。

 

 贈呈式は町長室であり、森田弘光町長が感謝状と記念品(イノシシ肉2㌔、野菜盛り合わせ)を贈った。森田町長は「一足遅ければ、命に関わる重大な事案だった。2人の行動に心から感謝している」と述べた。

 

 沢登さんは「普段の業務の中で人命救助の一助となれたことは良かった」、麓さんは「人を助けるのは当たり前」と贈呈を受け止め、「これからも山に入って仕事をする機会が多いので、今回のような現場に遭遇した際もきちんと対応したい」と力を込めた。