今期キビ生産、38万㌧見込む

増産に向けた対策などを協議した奄美群島さとうきび生産振興対策協議会の会合=13日、徳之島町

増産に向けた対策などを協議した奄美群島さとうきび生産振興対策協議会の会合=13日、徳之島町

  奄美群島さとうきび生産振興対策協議会の会合が13日、徳之島町の農協会館であった。群島全体の2016年産サトウキビの生産見込み(7月1日現在)は、生産量が前期実績を2382㌧上回る38万1498㌧、収穫面積は前期実績比216㌶減の7443㌶。各島とも台風襲来による被害はなく適度な降雨に恵まれ、茎長、茎数ともに順調に生育している状況が報告された。