仮装し、アキムチ行事復活 ハロウィーン兼ね、家回り 伊仙町阿権

踊りを終え餅やお菓子を受け取る仮装した子どもたち=10月31日、伊仙町阿権

踊りを終え餅やお菓子を受け取る仮装した子どもたち=10月31日、伊仙町阿権

 【徳之島総局】伊仙町阿権集落(重松信雄区長、135世帯)で10月31日夕、ハロウィーンに合わせて豊作に感謝する集落の年中行事「アキムチ」が復活した。子どもたちを中心に仮装した住民が民家を回って庭先で「アキムチ唄」に合わせて踊り、振る舞われたお菓子や餅に子どもたちが歓声を上げていた。

 

 アキムチは、稲の豊作に感謝し来年の豊穣(ほうじょう)を祈るために行われた稲作儀礼に伴うムチムレ(餅もらい)行事の一つ。重松区長によると、集落では踊りや唄は継承を兼ねて十五夜行事と一緒に実施していたが、他集落でムチムレ行事中に参加者がハブにかまれる被害が出たため、家回りは20年以上途絶えていた。

 

 年中行事の復活を望む声を受け、阿権子ども会育成会が企画。アキムチも仮装をして家々を回ったり、「アキムチ唄」の一節で家主に対し「たぼらだてからや てがらうえりゅんど(餅や団子をくれないと いたずらしちゃうぞ)」と歌い掛ける点などハロウィーンとの共通点も多いことから、二つの行事を合わせて開催した。

 

 参加者は思い思いの仮装をして重松区長の家を皮切りに3軒の家を回り、太鼓の音とともににぎやかに踊りを披露。家々からは餅やお菓子などが振る舞われ、参加者全員で分けた。

 重松区長(75)は「伝統行事の復活はうれしい。今後も大事に続けていきたい」と述べ、同育成会の田中真須美会長(43)は「回る家の数を少しずつ増やし、毎年開催していきたい」と意欲を見せた。

 

 魚に仮装して参加した阿権小4年の元山智喜君(10)は「仮装しながら歌ったり踊ったりして、お菓子ももらえて楽しい。来年も参加したい」と話した。