住民がサンゴの石垣修復-瀬戸内町西古見

海岸沿いに伸びるサンゴの石垣=瀬戸内町西古見

海岸沿いに伸びるサンゴの石垣=瀬戸内町西古見

 瀬戸内町の西古見集落(宮原仲清区長、28世帯38人)でサンゴの石垣を修復する取り組みが進んでいる。海岸沿いに連なる地域のシンボルは長さ約300㍍。「奄美の原風景を復活させて観光名所にしよう」と住民らが作業に汗を流した。