住用小で温暖化防止出前授業

二酸化炭素に見立てたピンポン玉が地球を覆い温暖化する仕組みを紹介した植木さん(左)=9日、住用小学校

二酸化炭素に見立てたピンポン玉が地球を覆い温暖化する仕組みを紹介した植木さん(左)=9日、住用小学校

 奄美市立住用小学校(宮司和弘校長)で9日、地球温暖化に関する出前授業があった。気象予報士でNHKなどで気象キャスターを務めた同市在住の植木奈緒子さんが講師となり、5・6年生7人に二酸化炭素と地球温暖化の関係を解説。二酸化炭素をピンポン玉に見立てた実験などを通じて、温暖化にならないよう、省エネ活動などで二酸化炭素の排出抑制に心掛けるよう促した。