児童公園に大型遊具 ふるさと納税が財源 徳之島町亀津

亀津児童公園に完成した大型遊具で遊ぶ子どもたち=17日、徳之島町亀津

亀津児童公園に完成した大型遊具で遊ぶ子どもたち=17日、徳之島町亀津

 【徳之島総局】徳之島町が亀津児童公園に整備を進めていた大型遊具が完成し、17日、オープニングセレモニーがあった。滑り台やブランコなどの遊具、大人用ストレッチ器具を含め計12基を整備。町側は「子どもと高齢者が互いに見守り合い、安心して過ごせる公園になれば」と期待を寄せている。

 

 町総務課によると、亀津児童公園は1975(昭和50)年ごろに整備されたが、子ども向けの遊具はなかった。亀津地区は町内で子どもの数が最も多いが子どもの遊び場がなく、以前から設置を求める声もあったことから、ふるさと納税を財源に総事業費2900万円で整備した。

 

 滑り台2台を備えた複合遊具やロープを登るアスレチックをはじめ、大人の健康づくりを目的としたストレッチ器具やベンチも設置した。町が管理する遊具施設は町健康の森総合運動公園(徳和瀬)に次いで2カ所目。

 

 この日は現地でセレモニーがあり、亀津地区の幼稚園児や小学生、町高齢者クラブ連合会の会員ら約70人が出席した。高岡秀規町長のあいさつなどに続いてテープカットで完成を祝うと、子どもたちは夢中になってアスレチックや滑り台で遊んだ。

 

 公園近くに住む亀津小2年の稲田彩世さん(8)は「遊具で遊ぶことができて楽しかった。自分で歩いて遊びに来られるのでうれしい」と話した。