全集落へ助成金交付 天城町 運営費減で活性化期待

森田町長(前列右)から集落支援助成金を受け取る町内各集落の区長=19日、天城町役場

森田町長(前列右)から集落支援助成金を受け取る町内各集落の区長=19日、天城町役場

 【徳之島総局】天城町は19日、新型コロナウイルスによる集落行事の中止などに伴い、集落運営費が減少した町内全14集落へ助成金を交付した。森田弘光町長が各区長へ助成金を手渡し、活発な集落活動に期待を寄せた。

 

 天城町内14集落では新型コロナの影響もあり、一部世帯の集落費の徴収ができなくなったほか、各種行事の中止で寄付金が確保できず、外灯の電気代などが集落運営を圧迫していた。昨年11月には天城町区長会連絡協議会(会長・柚木茂天城集落区長)から町に対し、助成金交付の要望もあり、国の地方創生臨時交付金を活用して交付を決めた。

 

 交付額は2019年度と比較して減少した寄付額や集落の規模に応じ、10万円~35万円。助成総額は356万円。

 

 天城町役場で交付式があり、各集落区長や町幹部ら約40人が出席。森田町長は「集落での自治活動が町の原点であり、集落が活動を維持しないと町の活性化はない。助成金を交付することで集落運営の手助けとなり、活発な活動につながることを期待している」とあいさつ。

 

 同協議会の柚木会長(66)は「助成金をいただきありがたい。このお金を無駄にすることなく、みんなの心を一つにするような形で使いたい」と述べた。