公共交通路線存続へ支援策 タクシーやデマンド運行開始 奄美大島

 慢性的な運転手不足でバス事業者の路線再編が進む中、奄美大島3市町村は10月から新たな維持支援策に乗り出した。大和村は路線廃止区間で大型タクシーによる代替運行をスタートし、龍郷町も戸口線をタクシー車両に切り替えた。奄美市は交通不便地域解消のため、打田原・前肥田地区でデマンド実証運行を導入。住民生活に欠かせない地域公共交通路線の存続や確保に向け、地元の実情に合わせた交通ネットワークの構築を目指す。