共同開発のリキュール販売/奄高ブランドをアピール

買い物客にオリジナルリキュールの説明をする奄美高校の生徒たち=24日、龍郷町

買い物客にオリジナルリキュールの説明をする奄美高校の生徒たち=24日、龍郷町

 県立奄美高校の商業科と情報処理科が開発を進めてきた奄美産果樹のリキュールが24日、販売開始され、両科の3年生14人が奄美市と龍郷町の小売3店舗で「奄美高校ブランド」をアピールした。リキュールはタンカンとグアバの2種類で、2千本ずつ販売する。