出動要請、想定上回る/奄美ドクヘリ運航1カ月

沖永良部島初フライト。男性を大島病院へ搬送するため降り立ったドクターヘリ=16年12月28日午前11時、和泊町笠石海浜公園

沖永良部島初フライト。男性を大島病院へ搬送するため降り立ったドクターヘリ=16年12月28日午前11時、和泊町笠石海浜公園

 奄美群島と十島村をカバーする奄美ドクターヘリが2016年12月に就航し、27日で運航1カ月となる。25日現在の出動要請件数は32件で、うち実際に出動したのは23件。1日平均1・07件と想定を上回るペースで推移している。基地病院の県立大島病院(奄美市名瀬、眞田純一院長)は「住民の期待の高さの表れ」と捉え、ITを駆使した効果的な活用やスタッフの技術向上を課題に挙げた。