出身者、「奄美の住宅」でグランプリ

 奄美市笠利町出身の建築家・松山将勝さん(45)が設計した「奄美大島の住宅」(奄美市)がこのほど、第2回オーダーキッチングランプリ2014の最高賞を受賞した。松山さんは「出身地である奄美大島の住宅がグランプリを受賞したことを大変うれしく思う」と喜んでいる。
 同賞はオーダーキッチンメーカーのリネアタラーラ社が主催して昨年から始まった。応募総数100件の中から書類審査などを経て決定した。審査員講評では「暮らしに根差した建築とキッチンの調和や住み手の満足感が伝わったのも、高評価の要因になった」などと受賞ポイントを挙げている。
 松山さんは東和大学卒業後、1997年に建築設計室を設立。2002年の福岡県美しいまちづくり賞住宅部門優秀賞を皮切りに、数々の賞を獲得。13年には日本建築学会建築九州賞作品賞などを受賞した。現在は、九州工業大学非常勤講師も務めている。