医療従事者に感謝の拍手 知名町

医療従事者に拍手で感謝とエールを送る知名町職員ら=21日、同町役場

医療従事者に拍手で感謝とエールを送る知名町職員ら=21日、同町役場

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、最前線で奮闘する医療従事者へ敬意を示すため、知名町と同町議会は21日、役場玄関前で「感謝とエールを送る会」を開いた。町職員ら約70人が約1分間の拍手で医師や看護師、病院職員らの活躍をたたえた。

 

 今井力夫町長は「医療従事者の町民の命を救う活動に感謝する。これからも力を貸してください」とあいさつ。会では医療従事者に対し、「本当にありがとう。共に頑張ろう」などと記した横断幕を掲げた。

 

 町内の医療従事者を代表し、沖永良部徳洲会病院呼吸器内科の藤崎秀明医師(41)は「エールに感謝する。今後も気を引き締めて日々の診療に当たりたい」と述べた。

 

 藤崎医師は会終了後、「全国的に問題になっている医療従事者への誹謗(ひぼう)中傷がなくなることを願う」とも語った。