十五夜踊り、与論町城で大綱つくり

大綱用の稲わらを整える住民=4日、与論町城

大綱用の稲わらを整える住民=4日、与論町城

 国指定の重要無形民俗文化財「与論十五夜踊」の旧暦8月15日奉納に向けた大綱づくりが4日、与論町城自治公民館(川畑俊光館長)であった。地域の住民が力を合わせて大綱を結い上げた。今年の旧暦8月奉納は9月15日。十五夜踊りは旧暦3、8、10月の各15日に城の地主神社に奉納される。