南北朝鮮女子アイスホッケー、マレー監督が龍郷町長表敬

竹田町長を表敬訪問したマレー監督(左)=5日、龍郷町役場

竹田町長を表敬訪問したマレー監督(左)=5日、龍郷町役場

 平昌(ピョンチャン)五輪で韓国と北朝鮮の女子アイスホッケー合同チームを率いたサラ・マレー監督(29)=カナダ出身=が5日、龍郷町の竹田泰典町長を表敬訪問した。2月28日から奄美大島に滞在していたというマレー監督は「豊かな自然と素晴らしい海、おいしい食事に癒やされた。リフレッシュできた」と満足そうに話した。この日帰途に着いた。

 

 マレー監督の奄美入りと龍郷町役場訪問は、アイスホッケー仲間で中国で指導者として活躍する有波典さん(29)の叔母の梅澤邦子さん(56)が9年前に神奈川県逗子市から龍郷町に移住し、現在、町保健福祉課の臨時職員として勤務していることが縁。

 

 マレー監督が平昌五輪後の休暇に自然豊かな地域への旅行を有波さんに相談。梅澤さんが移住した奄美への旅行を勧めたところインターネットで龍郷町を調べて快諾し、2月28日に来島したという。

 

 町内の海岸沿いのホテルに宿泊し、ダイビングなどを満喫。期待していたウミガメとの出合いもタイミングよく実現したそうで、マレー監督は「夢がかなった。すばらしい体験ができた」と満面の笑みを見せた。

 

 平昌五輪について、マレー監督は「五輪へ出場する韓国代表発表直後に南北合同チームが決まり、韓国選手3人を代表から外す決断が一番つらかった。ただ、合同チーム後は選手たちが一丸となり、試合をやり遂げたことを誇りに思っている」と振り返った。

 

 マレー監督が「冬の競技で合宿は難しいが、選手たちの慰安旅行に奄美を勧めたい」と話すと、竹田町長は「ぜひ実現してほしい」と同町をPR。龍郷柄を着て訪問したサラ監督に敬意を表した竹田町長は、マレー監督と有波さんに紬小物と奄美の黒糖焼酎を贈った。