博物館がやってきた

興味深そうに動物の剥製に見入る子どもたち=11日、奄美市

興味深そうに動物の剥製に見入る子どもたち=11日、奄美市

 県立博物館(鹿児島市)の移動博物館事業「博物館がやってきた」が10日から、奄美市名瀬の奄美文化センターで開かれている。同館が所蔵する国内外の標本など1800点や解説パネル60点を展示。担当者は「南北に広がる鹿児島県は多様性に富んだ地質や動植物がみられる。その中でも奄美には独特の自然があることを知ってもらいたい」と話している。無料。13日まで。