古仁屋で5棟全焼、けが人なし 瀬戸内町

住家など5棟が全焼した火災現場=24日午前11時ごろ、瀬戸内町古仁屋

住家など5棟が全焼した火災現場=24日午前11時ごろ、瀬戸内町古仁屋

 24日未明、瀬戸内町古仁屋の無職、直木新作さん(66)宅から出火、木造平屋建て住家1棟と隣接する建物4棟を全焼した。半焼や部分焼を含めると計10棟が被災したが、けが人はいなった。警察と消防が実況見分や関係者への聞き込みを行い、出火原因などを調べている。

 

 現場は古仁屋市街地にある春日公園西隣りの街区。木造や鉄筋コンクリート造の住家、店舗が混在し、細い路地を隔てて軒を重ねるように立ち並んでいる。

 

 大島地区消防組合消防本部などによると、同日午前0時半ごろ、近くの飲食店関係者から「春日公園近くで建物が燃えている」と119番通報があった。同組合瀬戸内消防分署と住用消防分駐所職員、瀬戸内町消防団員らで消火に当たり、約3時間後に鎮火した。

 

 瀬戸内署によると、この火事で木造住家など5棟が全焼したほか、周辺2棟が半焼し、3棟の一部が焼けた。火元とみられる住家で一人暮らしの直木さんは在宅中、火事に気付いて避難していた。

 

 市街地内で未明の火事に、現場周辺は一時騒然となった。近くに住む80代女性は「外が騒がしいので窓からのぞくと、沿道の建物から炎が上がっていた。現場に隣接する住宅の3階には孫家族が住んでおり、外階段まで火が迫っていたが、ベランダから避難して無事だった」と話した。

 

 瀬戸内署と瀬戸内消防分署などは、同日朝から現場の実況見分を実施。聞き込みと合わせて被害状況の確認を進めるとともに、詳しい経緯や出火原因を調べている。