古仁屋青年団が相撲甚句披露

勇ましい力士の姿に拍手が送られた相撲甚句=1日、瀬戸内町古仁屋

勇ましい力士の姿に拍手が送られた相撲甚句=1日、瀬戸内町古仁屋

 瀬戸内町の古仁屋青年団(鎌田大樹団長、団員35人)が主催する十五夜祭と敬老会が1日、同町の大湊緑地公園であった。観客が見守る中、団員が熱のこもった取組や相撲甚句を披露。相撲どころならではの伝統を受け継ぐ姿に拍手が送られた。古仁屋では毎年25歳を迎える若者が青年団活動に取り組んでいる。今年は1990年、91年生まれの男女が対象。設営から進行まで手弁当で奔走した。