台風19号被害まとめ

 県危機管理防災課が16日午後3時現在でまとめた台風19号の被害状況によると、奄美群島の農業被害額は農作物、農業用施設の合計で7億3063万1千円に上った。被害額が最も多いのは天城町の1億5440万4千円で、農作物の被害面積は1256・3㌶。基幹作物のサトウキビを中心に、甚大な被害が出た。群島内の建物被害は住家112棟、非住家15棟で計127棟に膨れ上がった。