和光園、松原若安に焦点

奄美和光園、松原若安の取り組みも取り上げた「『地方』の実践からみた日本キリスト教社会福祉」

奄美和光園、松原若安の取り組みも取り上げた「『地方』の実践からみた日本キリスト教社会福祉」

  ノートルダム清心女子大学(岡山市)の杉山博昭教授(53)はこのほど、「『地方』の実践からみた日本キリスト教社会福祉」(ミネルヴァ書房)を出版した。近代から戦後までのキリスト教社会福祉の歴史を分析、考察した。奄美大島のカトリック社会社会福祉の展開や奄美和光園の歩みとともに、事務局長として入所者の結婚・出産に尽力した松原若安(じょあん)にも焦点を当てた。