和泊町 西郷南洲記念館にぎわう

大型連休中、多くの入館者でにぎわう西郷南洲記念館=4日、和泊町和泊

大型連休中、多くの入館者でにぎわう西郷南洲記念館=4日、和泊町和泊

 大型連休期間中、沖永良部島では和泊町和泊の西郷南洲記念館に足を運ぶ旅行客が増えている。先月25日からNHK大河ドラマ「西郷どん」とタイアップしたドラマに関する展示コーナーも設け、入館者の関心を引いている。

 

 ドラマの主役西郷隆盛を演じる鈴木亮平さんや、愛加那役の二階堂ふみさんら登場人物の等身大パネルのほか、登場人物や当時の歴史などを紹介するロールスクリーンが展示されている。

 

 親戚と共に旅行で来た指宿市の野元和人さん(65)は「外の牢に入っている西郷さんはほっそりしていて、(本土での印象と)違っていたね」と興味深げ。記念館の中もゆっくりと見学していた。

 

 同記念館の2017年度入館者は前年度比93%増の4431人。大河ドラマの放送が始まった今年1月以降は特に増えている。

 

 ドラマに関する展示コーナーは年末まで。入場無料(資料室への入場は大人200円)。同記念館の開館は午前9時~午後5時、月曜日が定休日。