和泊町で建設業若手入職・人材育成事業

建設業の人材育成について意見を出し合ったワークショップ=6日、和泊町役場

建設業の人材育成について意見を出し合ったワークショップ=6日、和泊町役場

 和泊町は2015年度、国の「地域住民生活等緊急支援のための交付金」(地方創生先行型)を活用した建設業の若手入職・人材育成支援事業を始めた。5、6の両日は建設業の従業員を対象にワークショップを開催。現場から「職場を学ぶ場所にする」「沖永良部高校に工業科を設立する」などさまざまな意見があった。同事業の実施期間は5年間。初年度は人材育成、経営事業戦略立案などを請け負う㈱創造経営研究所(鹿児島市)によるアンケート、ヒアリング調査、人材育成のための事業計画案提出を受け、同町総合戦略本部が同計画を策定。内容は「和泊町まち・ひと・しごと創生総合戦略」にも盛り込まれる。