和泊町・国頭小で「昔の汐干し体験」

岩に海水をたたきつける汐干し体験をする児童ら=23日、和泊町国頭の海岸

岩に海水をたたきつける汐干し体験をする児童ら=23日、和泊町国頭の海岸

 和泊町の国頭小学校(森田郁朗校長)で21~24日、恒例の「汐(しお)干し学習」があった。6年生9人と保護者、地域住民が参加。手作業で海水をくみ上げて加熱し、水分を蒸発せさる昔ながらの塩造りで先人の苦労を体験した。児童と保護者らはバケツリレーで、海水を海から岩場のフンムイまで運び、海水を周囲の岩に何度もたたきつけて濃度を上げた。最後は大きな鍋で塩を炊く仕上げの作業。ごみやあくを取りながら煮詰め、塩を完成させた。