和田さん(沖高2年)が最優秀賞 和泊町書初め大会

集中して課題を清書する参加者=7日、和泊町やすらぎ館

集中して課題を清書する参加者=7日、和泊町やすらぎ館

 和泊町文化協会主催の第29回新春書初め大会は7日、町防災拠点施設やすらぎ館であった。小学1年生から一般まで52人が参加。それぞれの課題に臨み、最優秀賞には和田琴子さん(沖永良部高2年)が輝いた。

 

 課題は学年などで異なり、「ゆり」「正月」「天地清新」「仁風導和氣」など。参加者は審査委員4人の指導を受けながら何度も練習し、約80分で作品を仕上げた。

 

 逆瀬川逸子審査委員は講評で「集中して頑張った結果、素晴らし作品がいっぱいあった。夢にもきっと、何度も挑戦することでいい結果が待っていると思う。今年も元気にいろんなことに挑戦してほしい」と呼び掛けた。

 

 閉会式を前に、沖永良部高校書道部の書道パフォーマンスもあった。

 

 入賞作品は1月15~31日、町役場1階ロビーに展示される。

 

 最優秀賞以外の入賞者は次の通り。(敬称略)

 ▽特別賞 松崎葵(大城小1年)▽金賞 米丸さくら(国頭小1年)冝喜葵(大城小4年)▽銀賞 朝戸あるな(城ケ丘中2年)中水流理恵(内城字)東あまね(和泊小6年)▽銅賞 冝喜彩莉(城ケ丘中2年)北野海真(国頭小3年)松瀬真甫(和泊小5年)葉棚あいか(国頭小2年)