哀愁の音色 優しい歌声/ウクライナの奏者ミニ公演

バンドゥーラの響きと澄み切った歌声でお年寄りを魅了したカテリーナさん=27日、奄美市

バンドゥーラの響きと澄み切った歌声でお年寄りを魅了したカテリーナさん=27日、奄美市

 ウクライナの民族楽器、バンドゥーラ奏者のカテリーナさん(28)=東京在住=が27日、奄美市名瀬の介護老人保健施設「虹の丘」(喜入厚施設長、入所者100人)でミニ演奏会を開いた。ウクライナ民謡など計8曲を披露し、哀愁漂う弦楽器の音色と伸びやかな歌声でお年寄りを楽しませた。
 ミニコンサートには入所者や通所者、家族ら約120人が詰め掛けた。民族衣装で登場したカテリーナさんはウクライナ民謡をはじめ、流ちょうな日本語で「ハナミズキ」「見上げてごらん夜の星を」を熱唱した。来場者の中には涙を流す人もおり、心に響く優しい歌声にじっと耳を傾けていた。