喜界島の民俗・文化考察/奄美沖縄民間文芸学会

岩倉市郎と喜界島の民間文芸をテーマにしたパネルシンポジウム=17日、喜界町

岩倉市郎と喜界島の民間文芸をテーマにしたパネルシンポジウム=17日、喜界町

 南西諸島の習俗や文化の研究者が集う奄美沖縄民間文芸学会(代表・狩俣恵一沖縄国際大学教授)の2017年度喜界島大会が17日、喜界町役場コミュニティーセンターで始まった。喜界島郷土研究会(北島公一事務局長)との共催で、18日まで。初日は講演や喜界島出身の民俗研究家、岩倉市郎に関するパネルシンポジウムなどを通じて、同島の八月踊りや方言などを中心に民俗・文化の特徴を確認した。